【例文あり】短期留学をガクチカにしたい!ガクチカを魅力的に伝える方法やポイントを紹介!

【例文あり】短期留学をガクチカにしたい!ガクチカを魅力的に伝える方法やポイントを紹介!

目次
  1. はじめに
  2. 【短期留学をガクチカにする】そもそもガクチカとは?
  3. 【短期留学をガクチカにする】ガクチカを聞かれる理由
  4. 【短期留学をガクチカにする】短期留学はガクチカとして使える!
  5. 【短期留学をガクチカにする】アピールできるポイントは?
  6. 【短期留学をガクチカにする】ガクチカ作成のポイント
  7. 【短期留学をガクチカにする】例文
  8. まとめ

はじめに

就活が近づいてきて「準備を始めないと周りに後れを取ってしまう」と考える方も多いのではないでしょうか。

ガクチカは就活でよく聞かれる質問であるため、対策もしっかりと行っておかなければなりません。

その中でガクチカとして短期留学の経験をアピールしたいという方もいます。

この記事では、短期留学の経験をテーマにした例文や作成するときのポイントを詳しく解説していきます。

【短期留学をガクチカにする】そもそもガクチカとは?

ガクチカという言葉は聞いたことはあるけど、ガクチカについて詳しく知らないという人が多くいます。

まずはガクチカとは何なのかを把握するところから始めるようにしましょう。

ガクチカの概要

ガクチカとは「学生時代力を入れたこと」の略です。

就活においては必ず聞かれる質問であるため、しっかりと対策をしておく必要があります。

3つ程度作成しておくと安心です。

企業によって使い分けたり、一つの企業で複数のガクチカを聞かれることがあるためです。

短期留学のテーマだけでガクチカを作成するのではなく、部活や勉強などの複数のテーマに分けて作成するようにしましょう。

自己prとの違い

自己PRは「自分の強み・長所」を聞きます。

一方でガクチカは先述した通り、「学生時代に頑張ったこと」を伝える場であります。

ガクチカではどのような経験をしてそこから何を学んだかや課題に対してどのように取り組んだかを重視しますが、自己PRではどんな能力を持っていて、どのように活かすことができるかが重視されていることが多いです。

ガクチカと自己prは人柄や入社後に活躍できる人材であるかを見るなどを知るために聞くことは共通しています。

【短期留学をガクチカにする】ガクチカを聞かれる理由

ガクチカを聞かれる理由として多くのものが考えられます。

例えばその人の学生時代の経験そのものを知りたいという理由があります。

ここでガクチカを聞かれる理由を確認しておきましょう。

伝える力を見るため

ガクチカを伝える際に、時系列がぐちゃぐちゃになっていたり、結論と理由が論理的でないものになってしまうことがあります。

ガクチカからその人が論理的で、相手に伝える能力があるかを見ることがあります。

そのため、まずは伝えたい結論を明確にしておきましょう。

その後に結論の理由や具体的なエピソードを述べていけば、自然と伝わるはずです。

行動力を見るため

ガクチカは自分から行動を起こしていかないと作ることが難しいです。

ガクチカとして多く用いられるテーマとして部活やアルバイトなどがありますが、これらも自分から行動をしないと始めることができません。

あまり1人で行動をすることが苦手な方は、まずは友人と部活やサークルの体験会に行ってみたり、勉強など1人で取り組めるものを始めても良いでしょう。

企業とのマッチ度を見るため

どのようなことに力を入れてきたかや達成するためのアプローチの方法などを見て、企業とマッチしている人材であるかどうかを見ます。

企業とのマッチ度を見ることは、必然的にその人の人柄を見ることになります。

そのためガクチカに自分の考えをしっかりと入れるようにしましょう。

そして面接では、入室から退室まですべての場面で人柄や行動を見られていることを覚えておきましょう。

【短期留学をガクチカにする】短期留学はガクチカとして使える!

短期留学の経験はガクチカとして使うことができます。

しかし短期留学をしたという経験だけで勝負することは少し難しいです。

留学をする人は年々増加している傾向にあり、希少性が薄れているためです。

そのためその後どのように活かしたかや企業でどのように活かせるかをしっかり述べる必要があります。

留学していた時間は中身が濃い時間になるため、まずは何があったかや何に注力したかなどを書き出して整理してみましょう。

【短期留学をガクチカにする】アピールできるポイントは?

短期留学の経験からどのようなことをアピールすることができるのでしょうか?

ここでは短期留学を経験した方がアピールしやすいポイントを5つ解説していきます。

行動力

短期留学をしている人は多くなく、未知の領域に飛び込む感覚が大きいため留学をする人は行動力があると評価することができます。

留学をしたいと考えてもお金がなくてバイトをするのが大変であったり、面倒くさくなってしまって実際に行動を起こさない人が多いです。

留学をした高い行動力と好奇心は企業の評価されることが多いです。

コミュニケーション力

知らない環境で人とのつながりを作ることは難しいです。

多くの方は知らない環境に身を置いた時に、うまく人と話すことができません。

そんな中で短期留学が成功すれば、信頼関係を築き、慣れないところでも相手との関係を作ることができる能力があるということができます。

営業や人事など多くの仕事ではコミュニケーション能力が必要です。

そのため企業としてもコミュニケーション能力がある人を採用したいと考えます。

環境適応力

外国という慣れない環境で過ごした経験から環境適応力をアピールできます。

短期留学といっても、ホストファミリーの家や学校で異文化の人と多く接することになります。

この時即時に環境に適応して、溶け込むということは簡単ではありません。

営業の仕事においては、新しい顧客と接する場面が多いです。

そのため慣れない顧客とその環境にすぐさま適応できる人は頼もしくうつります。

目標達成能力

留学をすることは多くの人が不安で簡単にすることはできません。

そんな中目標を達成するために外国に足を踏み入れ、留学をやり遂げたことは目標達成能力があることの証明になります。

企業も設定した目標をしっかり達成してくれる人材が来たら、計算ができ仕事の効率が上がります。

【短期留学をガクチカにする】ガクチカ作成のポイント

ガクチカを作成する際は、経験から何を学んだかをしっかり述べるようにしましょう。

採用担当者は経験から何を学び入社後どのように活かしていくかを知りたいと考えます。

この他にもガクチカを作成する際のポイントは存在します。

企業を徹底的に調べておく

先述したように、企業とのマッチ度を見ることがあるため、内容を企業に合うように作成することがポイントです。

企業とマッチしたガクチカの内容にしていくには、まずは企業に関して詳しくなっておかなければなりません。

企業を調べる方法としてインターンシップに参加する方法や、実際に企業で働いている方の話を聞く方法などがあります。

インターンシップは企業によって開催している時期や期間が違うため、早めに確認しておきましょう。

例文を参考にする

ガクチカを作成する際は例文を参考にして作成してみましょう。

例文で参考にしてほしいのは、文の構成の方法です。

ガクチカの文の構成方法はテンプレート化されているためです。

文の構成は参考にしてほしいのですが、内容はオリジナルなものにしないと差別化をすることは難しいです。

そのため内容はあくまでもオリジナルにこだわりましょう。

例文を参考にしながら書けば自然に形になっていきますし、時間の短縮になります。

困っているならエージェントに相談してみる

ガクチカの作成に苦労をしているのであれば、就活エージェントに相談してみましょう。

ガクチカの作成のアドバイスをしてくれるだけでなく、面接の対策もしてもらうことができます。

まずはサイトを訪れてみて、何ができるのかを自分の目で確認してみましょう!

【短期留学をガクチカにする】例文

ガクチカを作成する際は例文を参考にしてみましょう。

ここではアピールしたいポイントに分けて、短期留学の経験をテーマにしたガクチカの例文2つを紹介していきます。

コミュニケーションの大切さを学んだ例文

私が学生時代に力を入れたことは、2ヶ月間カナダに留学したことであり、そこでコミュニケーションの大切さを学びました。海外では、日本国内に留まるよりもずっとさまざまな人と関わる機会に恵まれます。そこで、留学して多くの人と交流することで、今の自分が考えられない思想に触れ、視野を広げたいと思って参加しました。留学先では、クラスや課外活動でディスカッションを行う機会がたくさんありました。しかし、参加者のルーツや文化的な背景、考え方がバラバラなうえに、言語が異なるため話し合いは困難を極めました。私はそれを放っておくことは相手を理解することにはつながらないと考え、身振りを加えながらまずは発言することから始めました。自分のことではなく相手がどのようなことを考えているのかを考えて、話を回していきました。結果的に共通認識をそろえ、相手を理解することの大切さとその難しさ、それを乗り越える際には、コミュニケーションをすることが大切だと学びました。

分業と協力の大切さを学んだ例文

マレーシアへの短期留学で、現地大学生と共同して、日本とマレーシアの文化に関するイベント企画に注力しました。この時、自然と日本人同士、マレーシア人同士に分かれてしまうことがありました。私は、チームが分裂しないよう、人数を半分に分けて協力をして作業をしていくことを提案しました。その結果、地域の方も多く集まる多様な文化を知れるイベントを完成させることができました。求める結果を出すためには、協力と分業が大切であると学びました。

まとめ

ここまで短期留学をテーマにしたガクチカの作成するポイントや例文を紹介してきました。

短期留学は長期間の留学よりも手軽で、挑戦しやすいものです。

そのため短期留学をガクチカのテーマにする際は、人それぞれで違う経験や経験から学んだことでしっかり差別化をするようにしましょう。

就活の準備で大変であると思いますが、ガクチカを含め丁寧に対策を行っていきましょう。

SHARE この記事を友達におしえる!