【新卒必見】女性が生命保険の営業で働く際のポイント!女性視点で確認すべき項目を解説!

【新卒必見】女性が生命保険の営業で働く際のポイント!女性視点で確認すべき項目を解説!

目次
  1. はじめに
  2. 生命保険営業の仕事
  3. 生命保険営業の待遇
  4. 女性生命保険営業の主なキャリアパス
  5. 生命保険業界の将来性
  6. 生命保険営業に向いている女性の特徴
  7. 生命保険の営業で女性が働くポイント
  8. 女性が生命保険の営業で覚悟しておくべきこと
  9. まとめ

はじめに

生命保険の営業の仕事は大変だと聞くことが多いものの、実際はどんなものか気になる方も多いでしょう。

新卒の方で生命保険の営業に興味を持った方は、仕事の詳細を押さえておく必要があります。

今回は、特に女性の方で生命保険の営業をやってみたいと思っている人に向けて、生命保険の営業について詳しく解説していきますので、今後の就活の参考にしてみてください。

生命保険営業の仕事

生命保険営業は、文字どおり生命保険のサービスを売るのが主な仕事です。

生命保険営業の仕事は、大きく3種類に分けられます。

まず、個人を対象として営業を行う個人営業です。

続いて、企業などの大きな組織に対して営業を行う法人営業が挙げられます。

最後は、保険商品を取り扱う代理店に対して、その販売の仕方などをサポートする代理店営業です。

まずは、これら3つの詳しい内容について解説していきます。

国内生保

国内で生命保険を販売している企業と言えば、日本生命や明治安田生命などが挙げられます。

テレビCMなどで見たこと、聞いたことのある方は多いと思います。

これらが国内での生命保険の販売を主軸としている代表的な企業です。

個人が生命保険を利用するとすれば、このような企業を利用する機会が多いでしょう。

各種保険窓口が用意されており、相談するだけでも問題ありません。

営業として仕事をする場合は、自分が担当する保険についてはしっかり把握しておき、顧客に良い使い方を案内することになるでしょう。

外資系生保

海外での生命保険販売を主軸としている企業もあります。

たとえば、アフラックやマニュアル生命などが挙げられます。

特にアフラックは白いアヒルのCMで有名です。

保険の組み合わせ方にはさまざまな種類があり、外資系生保は組み合わせ方が幅広い点が特徴です。

保険の契約の仕方を一つひとつで分け、単品で販売しているため可能となっています。

営業の際は、相手に合わせてより良い組み合わせを提案し、詳しい説明に従事することになるでしょう。

損保系生保

損保系生保は、主に損害保険をメインに扱っています。

例として挙げられる企業はソニー生命です。

ソニー損保というのを聞いたことがある人もいるでしょう。

損害保険を主軸としている企業なので、損害保険と生命保険をセットで販売しているケースが多いです。

営業の仕事では、それぞれどんなメリットがあるのかをアピールしていくことになるでしょう。

相手が納得するようなメリットを説明できるかどうかが契約へのポイントになります。

生命保険営業の待遇

では、実際に生命保険営業として働いた場合、その待遇はどのような内容なのでしょうか。

ハードワークであるという話も聞きますが、気になる年収や残業の有無、休暇について解説していきます。

もし疑問点が生まれれば、さらに自分で調べてみたり、実際に企業に質問したりなどするのが良いでしょう。

年収

まず年収について紹介していきます。

保険業界で働く女性の平均年収は約280万円と言われています。

ただし、営業の仕事は基本的に自身の成績が給与の増減に関係するものです。

よって、成績を伸ばせれば増える可能性も十分にあります。

営業の仕事は数字がすべてであり、自身の成果がしっかり給与に反映されます。

また、20代前半の方の平均年収は210万円ほどです。

働き始めなのでまだ成果が伸びず、比較的低い金額になることが多いです。

残業時間

企業によって異なるものの、残業が発生することは珍しくありません

顧客との話が長引いたり、仕事が山積みになったりすると、残業して自分のやるべきことを終わらせます。

また、企業によってはみなし残業制度といって、実際の労働時間に関わらず基本給に固定残業代を含めるところも少なくありません。

長時間労働の温床とも言われているシステムなので、気になる方はあらかじめ確認することをおすすめします。

休暇

休暇については、基本的にカレンダーどおりとなっている企業が多いです。

土日祝が休みで、加えてお盆休みや年末年始休暇も含まれます。

後者については、社員全員が一斉に取るよりも、それぞれが調整して休んでいくというスタイルが多いようです。

しかし営業職については、必ずしも土日休みになっているとは限りません。

顧客にとって都合が良い日でないと、仕事ができないためです。

土日どちらか出勤となるなど変動する可能性があるので、気になる方は事前に調べておきましょう。

女性生命保険営業の主なキャリアパス

キャリアパスとしては、基本的に管理職に進むパターンが多いです。

近年では女性営業職が増えてきており、女性のキャリアアップに力を入れている企業もあります。

また、自分のスキルを磨き、より良い待遇の企業へ転職するという人も少なくありません。

いずれにせよ、自分の努力次第で理想の未来を掴むことができます。

さまざまなキャリアパスが考えられるように変わってきているので、女性であってもある程度柔軟に考えることができるでしょう。

生命保険業界の将来性

生命保険業界は今後どうなっていくのでしょうか。

日本は、生命保険大国と呼ばれています。

日本人の多くが生命保険を利用していますが、すでに利用しているという人が多いので、新たな顧客は少ないです。

そこで、新たな顧客獲得のために海外進出を行っている企業もあります。

もちろん、これから海外進出を視野に入れているという企業もあるでしょう。

そして、近年の高齢化に伴って、介護保険の需要が伸びてきています。

時代に合わせて保険の需要も変化するのが生命保険業界の特徴と言えます。

生命保険営業に向いている女性の特徴

営業職には向き不向きがあります。

接客するだけでなく、自社の保険商品をアピールしていかなければなりません。

相手に物事を伝えるのが苦手な方や、コミュニケーションが苦手な方には難しいかもしれません。

ここからは、生命保険営業に向いている女性の特徴について解説していきます。

接客経験がある

接客経験があるかどうかは、営業の仕事をするにあたって重要なポイントです。

接客をしたことがない場合、何気ない雑談に抵抗を覚えるかもしれません。

もしあなたに接客経験があれば、その経験が活かせるはずです。

営業の仕事を始める際も、ハードルが低くなるでしょう。

継続して勉強できる

営業職では、継続して勉強できる方が強いです。

保険について、常にアンテナを持ち、自身の知識を深めていく必要があるためです。

知識がなければ相手にアピールできません。

身につけるべき知識量が多いので、継続して勉強できる方に向いていると言えます。

また、ファイナンシャルプランナーなどの資格を取ると、お客様により良い提案ができます

資格取得をはじめとする勉強が好きな方などは、このような資格を得ることによって、営業職で出世できる可能性が高いです。

稼ぎたい人

多くのお金を稼ぎたいという考えのある人は、意外に営業職に向いています。

稼ぎたいという明確な目標があり、仕事に取り組む意欲が高いからです。

営業職は、自身の成績が給与に反映されます。

稼ぎたい一心で成果を出し続ければ、おのずと給与は増えます。

さらにスキルを身につけることによって、より良い待遇の企業への転職も可能なので、保険の営業は高収入を目指す方におすすめと言われているのです。

生命保険の営業で女性が働くポイント

ここからは、女性が生命保険の営業をする際に注目すべきポイントを紹介していきます。

自分にとって重要なものがあるかどうか以下の内容をチェックし、自身が生命保険の営業に向いているかどうか検討してみてください。

女性の比率が高い

基本的に、営業職は男性が就く職種とされているものの、生命保険の営業は女性の比率が高いと言われています。

キャリアに関する相談がしやすい環境があるのは、女性にとって働きやすい仕事であると言えるでしょう。

しかし、なかには女性が少ない企業もあるので、自分の行きたい企業の女性比率が気になる場合は機会があれば聞いておくと良いでしょう。

男性の中で女性が働くのは、想像以上のストレスとなるので必ず確認しておくべきポイントと言えます。

キャリアアップを目指せる

別の項目でも紹介しましたが、女性の営業が増えてきているため、女性のキャリアアップに力を入れている企業も多いです。

女性がキャリアアップを目指せる仕事として、生命保険営業はおすすめです。

さまざまなキャリアパスを考えられるので、自分がどんな風に出世してみたいかイメージしておくと良いでしょう。

入った企業で成果を出し、そのまま管理職についてマネジメントを行うほか、スキルを磨いてキャリアアップを目指すこともできます。

自分の理想の将来が描きやすいのが大きな魅力と言えるでしょう。

女性特有の雰囲気が営業に活かせる

顧客が女性の場合、男性の接客よりも女性の接客の方が自然に話せるという人は決して少なくありません

また男性の顧客の場合、女性の方が気張らずに話せるという人もいるようです。

女性特有の安心感が仕事に活かせるので、女性であるというデメリットはそれほど感じないでしょう。

さらに、女性視点でのアドバイスも可能で、それによって契約成立につながるかもしれません。

営業職は相手に安心感を与え、納得してもらうことが重要なので、男性以上に良い成績を残すことも可能です。

女性が生命保険の営業で覚悟しておくべきこと

ここまで女性が保険の営業に向いていることについて解説してきましたが、デメリットがないわけではありません。

今後の仕事に支障をきたすことがないよう、以下に挙げるデメリットのことも把握して自分のキャリアについて考えてみてください。

給与が変動しやすい

営業の仕事全般に言えることですが、給与が変動しやすいことに注意が必要です。

決まった収入を得たいという人には、不安の多い仕事になるかもしれません。

営業職では、「基本給+歩合給」という成果によって給料の額が変わる給与形態を採用しているところが多いです。

歩合給が成果によって変化するため、一定の給与ではないのです。

基本給が少ない職場だと、成果が悪かった月は給与が非常に少なくなってしまうという可能性があります。

応募する前に、給与形態についてきちんと把握しておきましょう。

体力が必要

営業職は、自ら外に出向いて顧客にアプローチするのが主な仕事です。

徒歩移動はもちろん、車移動・電車移動などが必要になってくるかもしれません。

場合によっては、長距離運転をする可能性があります。

また、真夏や真冬でも営業しなければならないので、体力勝負の仕事だと言えます。

体調管理も重要なので、体力に自信のない人にとっては厳しい仕事になってしまうでしょう。

不安であればどの程度の忙しさなのか、調べておくと良いでしょう。

経費が自己負担

基本的に、企業に属する形で仕事に従事することになりますが、場合によっては社員でなく個人事業主として働くケースも少なくありません。

この場合、外部訪問の際の交通費や手土産などが自己負担となるでしょう。

これが給与から引かれるのか、その都度支払うことになるのかは企業によりますが、経費が自己負担となるのは大きなデメリットでしょう。

特に基本給が少ない企業だった場合、自己負担額が増えるほど生活が苦しくなります。

働き始めはキツいこともあると思いますが、営業を続けたいという人は、先輩や企業の仲間にアドバイスをもらうなどして対策を考えましょう。

顧客に合わせたスケジュール調整が必要

営業をかける際には相手側のスケジュールに合わせていくのが基本です。

よって、顧客に合わせたスケジュール調整が必要となります。

場合によっては、もともと休日だった日に出勤する可能性が出てきます。

自分の予定を最優先にできないことも多々あるため、プライベートとの両立を目指す方には特に注意が必要です。

まとめ

今回は、生命保険営業に興味を持つ女性の方へ向けて、生命保険営業の概要や、メリット・デメリットについて解説しました。

働きやすい環境ではありますが、少々ハードな面も多く、また給与面の不安定さもあるため注意が必要です

自分が本当に生命保険の営業に向いているのか、きちんと自己分析をしてから応募することをおすすめします。

SHARE この記事を友達におしえる!